夏場の光熱費の節約術について

夏場は本当に熱くて涼しいクーラーや扇風機がないと生きていくことができません。

夏場の光熱費の節約術について

夏場の光熱費の節約術について 夏場は本当に熱くて涼しいクーラーや扇風機がないと生きていくことができません。しかし、これらを使うとあっという間に光熱費が上がってしまうと言う悩みも付きまとってしまいます。今回知りたい節約術は、皆さんどのようにして暑い夏場を電気などを使わずに乗り切っているかということです。これを少しでも実践することで、1000円でも安く光熱費を浮かすことができます。それにクーラーやエアコンを使うことなく過ごしていると体にも凄く良いと聞いたことがありますので是非知りたいと思います。

なるべくクーラーやエアコンなどに頼らないで熱い夏場を乗り切っているという節約主婦に話を聞いてみることができました。家の中は、もちろんクーラーはついていないのですが、すごく涼しくて快適でした。窓側には緑のカーテンと呼ばれるゴーヤを栽培していましたし、奥さんの首元には保冷剤が入っているスカーフをして涼を取っていました。保冷材は主にアイスクリームや生菓子を購入したときについてくる小型のものですが、一時間くらい首元に巻いておくと凄く体感温度を下げることができると言うことで、自分一人の時はずっと保冷剤をまいて過ごしているということです。これでしたら誰にだって真似できそうです。

Copyright (C)2014夏場の光熱費の節約術について.All rights reserved.